道後温泉 CHAHARU 茶玻瑠での過ごし方 Stay Chaharu

  • Home > 茶玻瑠での過ごし方

茶玻瑠からのご提案 道後の素敵な過ごし方

当館から道後温泉周辺の観光スポットを散策してみませんか?私達が理想的な散策ルートをご提案いたします。

道後の周辺散策

道後温泉周辺の観光スポット

3000年の歴史を持つ最古の湯「道後温泉」は、
古の湯として多くの人に親しまれています。
周辺にも数多くの観光スポットがあり、湯上りに
立ち寄ることができる場所ばかりですので、
気軽に散策が出来るのが魅力です。

アクセスマップはこちら

道後温泉

周辺地図

道後温泉は、「日本書紀」にも登場するわが国最古の温泉です。
入浴料金:大人 400円/小人 150円 入浴時間 6:00~22:00 神の湯のみ6:00~23:00

道後温泉駅前の「放生園」にあるからくり時計。小説「坊っちゃん」の登場人物である、
“坊っちゃん”と“マドンナ”をモチーフとした人形が音楽に合わせて時刻を告げます。

近代文学に大きな影響を与えた「正岡子規」。ここ松山は彼のふるさとでもあります。
彼の俳句に賭けた生涯を実物資料・パネル展示などで分かりやすく紹介しています。

道後山の山腹に位置する伊佐爾波神社は、社殿が国の重要文化財に指定されており、
全国に3例(石清水八幡(京都)、宇佐八幡(大分))しか無い「八幡造」という構造になっています。

茶玻瑠で寛ぎの時間を過ごす

道後散策の後は茶玻瑠で一休み

道後散策で疲れたら、
茶玻瑠へ戻ってゆったりリラックス。
当館スタッフがあたたかくお出迎え致します。

※ 駐車場案内
お車をロビー前に止めていただきますと、係の者が駐車場へ
移動させます。駐車場が満車の時も安心です。

駐車場の場所はこちら

茶玻瑠

温泉でのんびりと

屋上露天風呂から松山市街を一望

茶玻瑠自慢の屋上露天風呂、「月の湯」と「星の湯」はたくさんのお客様に夕日が綺麗なことでご好評をいただいております。
伝統の湯にゆっくりと身をゆだね、心静かなひとと
きをお過ごし下さい。

屋上露天風呂について

温泉
  • 殿方の湯
  • ご婦人の湯

お食事は、お部屋とレストランのどちらがお好みですか?

玻璃はり LA CUISINE JAPONAISE 茶寮花小路 HANA-KOJI お部屋食
  • ・お電話にて事前にご連絡いただければ、料理内容を変更をさせていただきます。
  • ・糖尿病などカロリー制限のあるメニューについては対応できかねます。ご了承ください。
  • ・プランのお料理(会席)について個別での変更は致しかねますので、ご了承ください。

お誕生日・結婚記念日・長寿・卒業・入学等お祝いをかねてのご宿泊の場合は、
ケーキや花束の別途注文を受け付けております。

■生クリームケーキ

  • ・4号(12cm)2,000円
  • ・5号(15cm)3,000円
  • ・6号(18cm)4,000円
  • ・7号(21cm)5,000円

■チョコレートケーキ

  • ・4号(12cm)2,200円
  • ・5号(15cm)3,300円
  • ・6号(18cm)4,400円
  • ・7号(21cm)5,500円

※表示価格はサービス料込・消費税別の金額となっております。

■メッセージプレート15文字程度・やろうそく(大きいサイズ・小さいサイズ)の
 本数もご準備いたします。

■花束:2,000円(サービス料込・消費税別)からご予算に応じてお手配いたします。

お部屋タイプを選ぶ

和室

落ち着いた雰囲気の漂うしっとりとした和の空間

8畳・10畳・12畳の3つのタイプをご用意しておりますので、
小さなお子様連れのご家族の方も安心してご利用いただけます。

和室について

洋室

広々としたお部屋で快適な非日常の時間を過ごせる洋の空間

ベッド下のスペースも広く余裕がありますので、大きなスーツケースを開けても邪魔にならず、
お荷物の整理がしやすいよう配慮しております。

洋室について

和モダンルーム

和の心と洋のエッセンスが調和した空間

湯上りの足に優しいフローリングとシンプルな琉球畳、清潔感を感じる明るい色調の木を使ったゆったりとしたベッド。
障子を開ければ屋上庭園に凛とたたずむ250年オリーブの樹が、心安らぐもうひとつの道後へといざないます。

和モダンルームについて

貴賓室

和と洋が織りなす、いつもとは違ったワンランク上の空間

通常のお部屋に比べ、より広々とした貴賓室では大人数のご家族やグループでもごゆっくりとお寛ぎいただけます。
いつもとは少し違った空間で贅沢な時間をお楽しみ下さいませ。

貴賓室について

朝食ブッフェで充実の朝ご飯を

茶玻瑠自慢の朝ご飯

茶玻瑠では、朝ごはんこそ1日の力の源、宿の締めくくりとしてお客様にとっても私達にとっても、とても大切なものだと思っています。この度ブッフェ形式を採用し、お客様の朝の気分や、その日の調子等に合わせて、自由に楽しんでいただけるようにいたしました。LA CUISINE JAPONAISE 「玻璃」ではできたて・あつあつをお届けできるようにオープンキッチンとなっておりますので、目の前で焼かれた卵焼き、揚げたてのじゃこてん、大切に握られたおにぎりなどをお楽しみいただけます。

朝食ブッフェについて

朝食ブッフェ


Page top

茶玻瑠へのお問い合わせはこちら

089-945-1321 受付時間  9:00~18:00 メールからはこちら